形成外科 2021年4月号
【特集】ペット咬創への初期治療と機能・整容の改善3―顔面の組織欠損を伴うイヌ咬創(2)口唇以外―


ISBN
発行年 2021年
判型 B5
ページ数 ページ
本体価格 3,200円(税抜き)
電子版 なし


第64巻4号 前号に続き,ペット咬創(咬傷)の中でも,特に咬む力の強いイヌによる顔面組織欠損を伴う咬創(咬傷)の例を報告する。今号では,イヌ咬創(咬傷)による耳介や鼻など突出した部分の欠損や,眼瞼が欠損し開眼障害を生じた例を報告する。(「企画にあたって」より)。

第64巻第4号(2021年4月号)
●随想「海峡の街に生まれて」 (永竿智久) 367
●特集 レジデント向け
 ペット咬創への初期治療と機能・整容の改善3―顔面の組織欠損を伴うイヌ咬創(2)口唇以外―
 企画にあたって (清川兼輔) 369
 眉毛全欠損を伴うイヌ咬創に対し植毛術を用いて再建を行った1例 (林 大海ほか) 371
 上下眼瞼欠損を伴うイヌ咬創の1例 (陶山淑子ほか) 375
 上下眼瞼の全層欠損を伴うイヌ咬創の1例 (渡邊英孝) ほか 382
 耳垂を中心とした耳介欠損を伴うイヌ咬創の1例 (濵本有祐ほか) 387
 耳垂を含む耳介の一部に欠損を生じたイヌ咬創の1例 (右田 尚ほか) 391
 耳垂欠損を伴うイヌ咬創の1例 (漆舘聡志ほか) 396
 鼻翼欠損を伴うイヌ咬創に対して鼻唇溝皮弁による再建を行った1例 (上原理恵ほか) 403
 再建に苦慮した鼻翼欠損を伴うイヌ咬創の1例 (藤田宗純ほか) 409
 顔面正中部に組織欠損を生じたイヌ咬創に対し正中前額皮弁を用いて再建を行った2例 (浅井晶子ほか) 415
 頬部に陥凹変形を生じたイヌ咬創の1例 (清水史明ほか) 421
●コラム:編集委員長コラム[第20回] (細川 亙) 426
●連載:形成外科Topics! 
 COVID-19禍の中での第63回日本形成外科学会総会・学術集会 (亀井 譲) 428
●連載:私の心に残る1症例 
 No.28 (難波祐三郎) 432
●連載:形成外科NEXT―次世代の本音―
 術式に向き合う― LVAの祖Bernard O’Brienの魂に触れて― (関 征央) 436
●連載:教室だより北~南
 No.76 山口大学医学部附属病院 形成外科 (高須啓之) 438
●新連載 :短編小説で綴る論文探訪 たんろんたん
 技術の変換点:遠隔皮弁と遊離皮弁 (寺尾 保信,去川俊二) 443
●原著 
 頭頸部基底細胞癌の超音波検査による術前深達度評価 (青木恵美ほか) 446
●調査
 皮膚診療における亜鉛欠乏症の重要性 (奥村千香) 456
●症例
 広範囲頭蓋骨露出創に対し外板小孔形成の後に植皮術を施行し治癒し得た1例 (楊  睿ほか) 462
 植皮による顎堤形成と術中即時義歯により咀嚼機能回復が得られた側方下顎区域再建の1例 (浅野 悠ほか) 467
 上顎腫瘍切除再建後の皮弁下垂による変形に対し翻転脂肪弁と鼻唇溝皮弁との連合皮弁を用いて修正を行った1例 (坂田憲亮ほか) 474
◆外国文献抄訳 PRS Vol.146 No.2 (飯田拓也) 480
INFORMATION 487
投稿規定 488