毛髪
ガイドライン2017を踏まえた治療update

毛髪

編集 武田 啓
ISBN 978-4-7719-0502-3
発行年 2018年
判型 B5
ページ数 228ページ
本体価格 12,000円(税抜き)


編集にあたって(武田 啓)
毛髪医療「概論」(武田 啓)

第I章 植毛ケースファイル
case1 前頭部男性型脱毛症(1)(Norwood-Hamilton クラスIII)(今川賢一郎)
case2 前頭部男性型脱毛症(2)(Norwood-Hamilton クラスIII)(長井正寿)
case3 前頭部男性型脱毛症(3)(Norwood-Hamilton クラスIII)(石井良典)
case4 前頭部男性型脱毛症(4)(Norwood-Hamilton クラスIV) (石井良典)
case5 前頭部男性型脱毛症(5)(広範囲脱毛例:Norwood-HamiltonクラスVa)(石井良典)
case6 前頭部広範囲脱毛(外傷性脱毛)(長井正寿)
case7 前頭部ヘアーラインを損なわない植毛(Norwood-Hamilton クラスIIa)(佐藤明男)
case8 前頭部外傷後瘢痕に対する植毛(佐藤明男)
case9 躯幹,上肢およびひげへの植毛(今川賢一郎)

第II章 外科的治療
1.植毛術の必要性とインフォームドコンセント(柳生邦良)
2.植毛術の 4 つのプロセスと生着率を上げるコツ(長井正寿)
3.生着した毛包の構造と機能(豊島公栄ほか)
4.植毛術各論
1 FUT(今川賢一郎)
2 Choi式植毛術(single & bundle hair transplantation)(石井良典)
3 FUEおよびロボット植毛(長井正寿ほか)
4 特殊な植毛術(1)―瘢痕への植毛―(柳生邦良)
4 特殊な植毛術(2)―陰毛,眉毛,ひげ,睫毛―(石井良典)
5 そのほかの方法―皮弁法,ティッシュ・エキスパンダー法など(吉竹俊裕)

第III章 内科的治療
1.「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017」をどう読むか?(植木理恵)
2.DHT阻害薬(佐藤明男)
3.ミノキシジル(長田真一)
4.かつら―その適応と効果―(乾 重樹)

第IV章 再生医療
1.毛根鞘細胞培養(岸本治郎ほか)
2.毛包上皮性・間葉性幹細胞による毛包器官再生(辻 孝)
3.iPS細胞―薄毛治療にiPS細胞は必要なのか―(大山 学)

第V章 知っておくべき毛の基礎
1.頭部の解剖(小川元之)
2.毛包の構造と毛周期(天羽康之)
3.代表的な脱毛症について(伊藤泰介)
4.頭髪・脱毛の評価法(佐藤明男)
5.男性型脱毛症と分類(齊藤典充)
6.植毛に関する用語の整理(倉田荘太郎)
7.植毛術の歴史―奥田庄二先生の業績を中心に―(乾 重樹)

編集にあたって

近い将来,多くの分野でAI(人工知能)が人間の代わりをするといわれている。医療の世界でも手術場にロボットが登場した。しかし手術では,細かい仕上げの部分にや はり人の手は欠かせない。科学が進歩するほど,逆に手縫いの重要性は高まる。
毛髪外科の領域も外科医の手によってさまざまな改良が行われた。単純なようで繊細な手縫いの世界である。ただ,「匠の技」でもあり,これまでこの分野についてのまとまった成書はなかった。そこで本書では,毛髪に関する外科的治療についてできるだけ紙面を割くことにした。「植毛ケースファイル」として具体的な症例も提示しながら, 手技や機器の進歩を紹介し,個々の方法の利点や欠点は何か,現時点でいかに成績を上げられるか,そのための工夫やコツはあるか,そのあたりも追求した。
一方,脱毛症の病態に関する基礎的研究の成果によって治療も大きく変化してきており,2017年末には日本皮膚科学会のガイドラインが改定された。本書では,内科的治療についても最新の情報となるように,新しいガイドラインを踏まえた解説となっている。また,次世代の治療として期待される毛髪再生医療についても踏み込んだ。標準的な治療についての現状を把握し,次なる可能性についても理解を深めることができると思う。最後に,「知っておくべき毛の基礎」として毛髪に関する広範な知識をもう一度 整理し,ブラシュアップした。
盛りだくさんの内容となったが,1つ1つが欠かせない項目になったと思う。

3年前に企画された本書は,ガイドラインの改定を待ったため編集の期間が長くなり,執筆者にはかなりのご負担をお掛けした。各項目を担当していただいた諸氏に厚くお礼申し上げる。
また,克誠堂出版の皆様,特に堀江拓氏には完成に向けて辛抱強く取り組んでいただき,ご尽力いただいた。ここに深く感謝申し上げる。
本書が毛髪にかかわる方々に少しでもお役に立てれば執筆に携わった全員の幸せである。

2018 年3 月

北里大学医学部形成外科・美容外科学 武田 啓