形成外科 2022年6月号
診断と治療に難渋した皮膚潰瘍


ISBN
発行年 2022年
判型 B5
ページ数 ページ
本体価格 3,300円(税抜き)
電子版 なし


難治性潰瘍は末梢血管障害によるものが大多数だが,中には初療の段階ではまったく予想していなかった感染症,悪性腫瘍や希少疾患などの1つの表原型として皮膚潰瘍を呈している疾患も見られる。本特集では,治らなかった疾患が,結果的に別の疾患だと診断されたことにより,解決に至った症例を集めた。その苦難の経過と診断に至る過程,および結果について,貴重な経験を報告する。

第65巻第6号(2022年6月)
●随想
振り返ってみて―「点」が「線」に― (大口春雄) 639
●特集 診断と治療に難渋した皮膚潰瘍
企画にあたって (杠 俊介) 641
頭蓋骨露出に至ったメトトレキサート関連リンパ増殖性疾患(MTX-LPD)の1例 (上野真理恵ほか) 643
HIV感染症が原因で小耳症の再建耳介に難治性潰瘍を生じた1例 (牧 希光枝ほか) 651
深部切除マージンの決定に苦慮したブルーリ潰瘍の1例 (恋水諄源ほか) 655
手難治性潰瘍の再建術後に診断された原発性皮膚T細胞リンパ腫の1例 (阿部直樹ほか) 662
結核の診断に至った胸壁皮膚瘻孔の1例 (大槻仁志ほか) 672
腰部に生じ長期の治療期間を要した心臓カテーテル治療後放射線潰瘍の1例 (木原昂紀ほか) 677
外傷による難治性潰瘍の経過を呈した血管肉腫の1例 (有沢宏貴ほか) 686
異所性石灰化から生じた踵骨骨髄炎を契機に診断されたウェルナー症候群の1例 (横山明子ほか) 693
●コラム:編集委員長コラム[第34回] (細川 亙) 702
●連載:形成外科Topics!
日本における「同種顔面移植手術」に向けたCST事業 (寺師浩人) 704
同種間顔面移植の歴史と発展 (清水史明) 705
日本におけるCSTを利用した同種顔面移植術研究の黎明 (橋川和信) 710
●連載:私の心に残る1症例
No.35 (門田英輝) 714
●連載:形成外科NEXT―次世代の本音―
アメリカでの形成再建外科就職活動 (吉松英彦) 720
●連載:教室だより北~南
No.90 市立奈良病院 再建形成外科 (久徳茂雄) 722
●連載:短編小説で綴る論文探訪 たんろんたん
From Russia with Love:骨延長がもたらしたもの (寺尾保信,去川俊二) 726
●症例
透析患者の創傷治療における透析中高カロリー輸液療法の1例 (稲田享希子ほか) 728
アトピー性皮膚炎が発症に関与したと考えられる化膿性屈筋腱腱鞘炎の1例 (前山俊史ほか) 736
受傷した切断指節骨を一時的に皮下に埋め込み再建に用いた高度挫滅手外傷の1例 (松原 健ほか) 742
◆外国文献抄訳 PRS Vol.148 No.4 (高清水一慶) 750
投稿規定 756