形成外科 2022年3月号
涙道の治療


ISBN
発行年 2022年
判型 B5
ページ数 ページ
本体価格 3,300円(税抜き)
電子版 なし


顔面領域を多く取り扱う形成外科医にとって,眼瞼周囲の損傷による涙小管の断裂や,眼窩や梨状口縁周囲の腫瘍切除による涙道の一部の欠損・粘膜の炎症による閉塞など,涙道についての知識とその機能を保つ技術は必須である。本特集は,涙道の基礎から治療までの理解を深めることを目的とした。

第65巻第3号(2022年3月)
●随想
 「スキンフック考」 (鳥山和宏) 269
●特集 涙道の治療
 企画にあたって (杠 俊介) 271
 涙道疾患診療の基礎知識 (三村真士) 273
 先天性の涙道閉塞症の病態と外科的治療 (松村 望) 281
 涙道内視鏡の最新の使用法と涙管チューブ挿入術 (今川幸宏) 289
 涙のう移動術―涙小管閉塞症に対する新しい概念の結膜涙のう吻合術― (嘉鳥信忠) 299
 涙嚢鼻腔吻合術鼻内法の実際―手術支援機器の取扱いと手技の工夫― (高橋 辰ほか) 313
 涙嚢鼻腔吻合術鼻外法の実際―術式のコツとピットフォール― (小久保健一ほか) 327
 涙嚢鼻腔端側吻合術の実際―マイクロサージャリーを用いて涙嚢あるいは鼻涙管と鼻腔との端側吻合術を行った1例― (栁澤大輔ほか) 336
●コラム:編集委員長コラム[第31回] (細川 亙) 344
●連載:形成外科NEXT―次世代の本音―
 里山の風景と医療の未来 (窪田吉孝) 346
●連載:教室だより北~南
 No.87 広島市民病院 形成外科 (岡本 仁) 348
●連載:短編小説で綴る論文探訪 たんろんたん
 近代形成外科の父:Sir Harold Delf Gillesの教え (寺尾保信,去川俊二) 350
●症例
 滑液包炎を伴った肩甲骨骨軟骨腫の1例 (碇元佐和ほか) 352
 骨性合指症に対し脂肪弁移植を併用して二期的手術を行った1例 (北田文華ほか) 357
◆外国文献抄訳 PRS Vol.148 No.1 (冨田興一) 366
投稿規定 374