形成外科 第61巻第7号(2018年7月号)
Japanese Journal of Plastic Surgery(Jpn J Plast Surg)

形成外科 第61巻第7号(2018年7月号)

ISBN
発行年 2018年
判型 B5
ページ数 ページ
本体価格 3,000円(税抜き)


●随想「地方国立大新設形成外科の現状」 (加藤久和)775
●特集:長期成績を踏まえた顎裂部骨移植のコツ
企画にあたって (清川兼輔)777
口唇裂・口蓋裂治療における顎裂部骨移植―主に矯正歯科の視点から― (齋藤 功ほか)779
矯正歯科から見た顎裂部骨移植の意義 (森山啓司)791
顎裂部骨移植術(1)―最終的な咬合獲得に至るまでの長期経過― (杠 俊介ほか)802
顎裂部骨移植術(2)―良好な骨架橋を形成するために― (大久保文雄ほか)815
われわれが行っている二次顎裂部腸骨移植術 (大澤昌之ほか)824
患者と矯正歯科医にとって望ましい顎裂部骨移植手術となるために (今井啓道)835
二次的顎裂部骨移植術の適応と長期成績 (稲川喜一ほか)848
両側例における歯肉骨膜形成術後の顎裂部骨移植術 (小林眞司ほか)859
●連載:形成外科NEXT─次世代の本音─
お品書き (塗 隆志)870
●連載:教室だより北~南
(43)神戸大学医学部附属病院 形成外科・美容外科 (大﨑健夫ほか)872
●原著
腹腔鏡下尿膜管摘出術における一期的臍形成の検討 (余川陽子ほか)878
●経験
鼻中隔前端の弯曲による鼻閉に対するseptal batten graftの経験 (加藤久和ほか)885
耳下腺悪性腫瘍術後顔面神経麻痺に対する島状側頭筋移行術による笑いの再建とその質的評価 (岡根谷哲哉ほか)891
●症例
胸鎖乳突筋に生じた顆粒細胞腫の1例 (後藤真理ほか)899
●連載:さるすべる─形成外画─ (去川俊二)877