Q&A循環管理:麻酔科専門医が答える74の疑問


編集 原 哲也
ISBN 978-4-7719-0588-7
発行年 2030年
判型 B5
ページ数 183ページ
本体価格 5,200円(税抜き)
電子版 なし


循環管理は全身管理における主要な柱のひとつです。そこでこのたび,麻酔科専門医に必要な学習到達度としての観点からまとめられた書籍を企画してみました。本書は,麻酔科若手医師の急性期循環管理に関する様々な疑問に答えるために,日本麻酔科学会の教育ガイドラインから循環管理に関する項目を抽出し,Q&A形式で学習できる教科書としてまとめました。ご執筆は,循環管理に造詣の深い麻酔科専門医の先生方にご執筆いただいております。

第1章 脳
1・脳血流  吉谷 健司  2
Q1 脳血流の自動調節能とは? 2
Q2 脳血流に対する薬剤の影響は?  5
2.蓋内圧   山下 理、松本 美志也  7
Q1 頭蓋内圧の調節は? 7
Q2 頭蓋内圧亢進症の治療は?  9
第Ⅱ章 自律神経
1・自律神経機能  14
Q1 カテコールアミンの作用機序は?  谷口 正彦   14
Q2 アセチルコリンの作用機序は?  矢野 武志   16
Q3 心臓反射とは?  古澤 高廣   19
Q4 加齢による自律神経系の変化は? 山下 幸貴   20
第Ⅲ章 心 臓
1・心機能   24
Q1 心筋収縮の機序は?  梅原 薫、山浦 健   24
Q2 心拍出量に影響する因子は?  梅原 薫、山浦 健   26
Q3 左室–動脈カップリングとは?  松下 裕貴、山浦 健   28
Q4 加齢による心血管系の変化は?  牧 盾、山浦 健   31
2・冠循環   原 哲也  34
Q1 血管の収縮と弛緩の機序は?  34
Q2 冠血流の調節は?  36
Q3 冠動脈盗血現象とは?  38
Q4 心筋コンディショニングとは? 39
3.周術期の変化  一ノ宮 大雅  43
Q1 心血管系に対する麻酔薬の影響は? 43
Q2 心血管系に対する気腹の影響は?  44
Q3 心血管系に対する一側肺換気の影響は? 46
4.新生児・小児  吉野 淳  49
Q1 新生児における循環機能の特徴は? 49
Q2 先天性心疾患における循環障害は?  50
Q3 Eisenmenger 症候群とは? 52
第Ⅳ章 肝 臓
1.肝血流  五代 幸平  56
Q1 肝血流の調節は? 56
Q2 肝血流に対する麻酔薬の影響は? 58
Q3 肝血流の測定法は? 59
第Ⅴ章 腎 臓
1.腎血流 牛尾 将洋、溝渕 知司  64
Q1 腎血流の調節は? 64
Q2 腎血流に対する麻酔薬の影響は? 66
Q3 周術期AKI の危険因子は? 66
第Ⅵ章 循環モニタリング
1.血圧と心拍出量 鈴木 武志  74
Q1 血圧の測定法は?  74
Q2 心拍出量の測定法は?  77
2.パルスオキシメータ 小山 淑正、北野 敬明  81
Q1 パルスオキシメータとは? 81
Q2 パルスオキシメータによる末梢循環の評価は? 83
3.侵襲的モニタリング   85
Q1 中心静脈カテーテルの意義は?  安藤 寿恵、岡本 浩嗣   85
Q2 肺動脈カテーテルの意義は? 岡本 浩嗣   86
Q3 経食道心エコー法の意義は? 杉村 憲亮、岡本 浩嗣   89
第Ⅶ章 術中合併症
1.診断と治療  橋本 正博、平田 直之  94
Q1 低血圧への対応は?  94
Q2 高血圧への対応は?  96
Q3 不整脈への対応は?  97
第Ⅷ章 出血への対応
1.輸血の基本 斎藤 淳一、廣田 和美 102
Q1 血液準備の指標は?  102
Q2 術中希釈式自己血輸血とは?  105
2.血液製剤 原 将人、平木 照之 108
Q1 赤血球液(RBC)の適応は? 108
Q2 新鮮凍結血漿(FFP)の適応は? 110
Q3 血小板濃厚液(PC)の適応は? 112
Q4 血液凝固因子製剤の適応は? 114
3.危機的出血 坂口 嘉郎 118
Q1 危機的出血が起こりやすい状況は?  118
Q2 危機的出血への対応ガイドラインとは?  119
Q3 クリオプレシピテートの適応は? 121
4.産科危機的出血 角倉 弘行 123
Q1 産科危機的出血への対応指針とは? 123
Q2 経膣分娩あるいは帝王切開時の出血量は? 124
Q3 フィブリノゲン製剤(乾燥人フィブリノゲン)の適応は? 125
第Ⅸ章 心臓手術
1.人工心肺 箕田 直治、川人 伸次 130
Q1 人工心肺とは? 130
Q2 人工心肺が各臓器に与える影響は? 132
Q3 回収式自己血輸血とは?  133
2.機械的循環補助 林 優里、藤野 裕士 136
Q1 大動脈内バルーンパンピング(IABP)とは?  136
Q2 循環補助用心内留置型ポンプカテーテル(IMPELLA)とは? 138
Q3 経皮的心肺補助〔VA-ECMO〕とは?   139
Q4 心室補助装置(VAD)とは?  141
3.小 児 蜷川 純、鈴木 康之 145
Q1 小児心臓手術における低心拍出量症候群とは? 145
Q2 小児心臓手術における肺高血圧クライシスとは?  146
第Ⅹ章 非心臓手術
1.心疾患患者 角田 奈美、田中 克哉 150
Q1 虚血性心疾患患者の周術期管理は? 150
Q2 弁膜症患者の周術期管理は?  151
Q3 心筋症患者の周術期管理は? 154
Q4 ペースメーカ患者の周術期管理は?  155
2.高リスク患者 楠本 剛、秋吉 浩三郎 158
Q1 深部静脈血栓症の周術期管理は? 158
Q2 慢性腎臓病患者の周術期管理は?  160
Q3 門脈圧亢進症の周術期管理は? 162
3.自律神経障害患者 島袋 大地、垣花 学 165
Q1 褐色細胞腫の周術期管理は? 165
Q2 糖尿病における循環障害は? 166
Q3 脊髄損傷患者における循環障害は?  167
4.脳神経外科手術 西和田 忠、川口 昌彦 169
Q1 脳腫瘍手術の周術期管理は? 169
Q2 もやもや病手術の周術期管理は? 171
Q3 頸動脈内膜剝離術の周術期管理は? 172
5.帝王切開術 加藤 里絵 176
Q1 妊娠高血圧症候群の周術期管理は? 176
Q2 心疾患合併妊婦の周術期管理は?  177
略 語 183