カンファでおさえる小児麻酔

カンファでおさえる小児麻酔

編集 宮部雅幸、川名 信
ISBN 978-4-7719-0509-2
発行年 2018年
判型 A5
ページ数 184ページ
本体価格 3,900円(税抜き)


1.壊死性腸炎(川端徹也)
ポイント 低出生体重児の術前評価
落とし穴 低血圧の対応
2.肥厚性幽門狭窄症(川名 信)
ポイント 術前管理と麻酔導入法
落とし穴 誤嚥の予防
3.先天性食道閉鎖(宮部雅幸)
ポイント 診断と病型
落とし穴 気管食道瘻と換気
4.先天性横隔膜ヘルニア(名和由布子)
ポイント 新生児遷延性肺高血圧と肺保護戦略
落とし穴 手術のタイミング
5.漏斗胸(廣瀬徹也・香川哲郎)
ポイント Nuss法の術式と術中管理
落とし穴 術前評価と術後鎮痛
6.先天性嚢胞性腺腫様奇形(宮澤典子)
ポイント 小児の分離換気
落とし穴 換気困難
7.前縦隔腫瘍(小原崇一郎)
ポイント 術前の重症度評価
落とし穴 麻酔のリスク
8.腹壁破裂・臍帯ヘルニア(山本信一)
ポイント 病態と術前評価
落とし穴 腹壁閉鎖と換気困難
9.肺高血圧を伴った心室中隔欠損症(松成泰典・亀井政孝)
ポイント 肺高血圧の管理
落とし穴 周術期の酸素の使い方
10.ファロー四徴症(水野圭一郎)
ポイント 前投薬と麻酔導入
落とし穴 低酸素発作への対応
11.動脈管開存症(川瀬宏和・岩崎達雄)
ポイント 低出生体重児の管理
落とし穴 低体温
12.頭蓋骨早期癒合症(遠山悟史)
ポイント 大量輸液と輸血
落とし穴 気道管理
13.アデノイド・扁桃摘出(諏訪まゆみ)
ポイント 気道狭窄と無呼吸発作
落とし穴 術後出血
14.気道異物(鈴木康之)
ポイント 麻酔法と筋弛緩薬の使用
落とし穴 喉頭浮腫
15.上気道感染(五十嵐あゆ子)
ポイント 病態と手術中止の判断
落とし穴 周術期の呼吸器合併症
16.肥満児(稲垣喜三)
ポイント 肥満と薬物投薬量
落とし穴 睡眠時無呼吸症候群と術後鎮痛
17.心肺停止(小澤純一・櫻井淑男)
ポイント CPRのアルゴリズム
落とし穴 チームダイナミクス
18.予想される挿管困難症例(坂倉庸介)
ポイント 対象疾患とアルゴリズム
落とし穴 筋弛緩薬の使用
19.予期しない気道確保困難症例(谷口由枝)
ポイント 困難気道のアルゴリズム
落とし穴 麻酔深度
20.MRI検査の鎮静(川村 篤・橘 一也)
ポイント 患者評価と鎮静法
落とし穴 限られた気道確保デバイスとモニター
21.心臓カテーテル検査(竹内 護)
ポイント 肺体血流比の維持
落とし穴 術後鎮静

小児麻酔の教科書・マニュアルは国内外を問わず多数出版されていますが,実際の患児を前にしたとき,何に注意して麻酔管理をしたらよいかについて焦点を当てたテキストはあまりありません。私どもは後期研修医がもっとも知りたいのは,エキスパートの小児麻酔科医はどのように考え,どのように麻酔管理を行っているかということではないかと考えました。そこで本書では小児に特有な21の症例を選び,個々の症例について麻酔科指導医と後期研修医が一緒に議論するカンファランス形式をとり,小児の麻酔管理について理解できるようにしました。
小児は年齢によって,また個人によって気管チューブのサイズ,薬の投与量などが違います。また許容範囲が狭く,さまざまな場面で注意深い調節が必要です。これらの基本知識を踏まえて患児ごとの麻酔計画を立てなければなりませんが,本書ではこれらの知識はあるものとして,個々の特殊疾患,病態のある患児の麻酔計画を立てるに当たっての注意点について解説します。小児麻酔に長年携わっている先生にとっては何でもない落とし穴に初学者は見事に陥る可能性があります。本書はそうした初学者が陥りやすい点,学習ポイントを症例ごとにまとめ,麻酔管理が学べる構成になっています。
新専門医制度が2017年からスタートし,小児麻酔の研修も全員に義務付けられ,すべての麻酔科専門医を目指す先生が小児麻酔を研修することになりました。後期研修医が小児の麻酔計画を考えるときに本書が役立つと思います。さらに問題形式で要点をまとめましたので,専門医試験の準備にも使っていただければと思います。このテキストを少しで多くの麻酔科医が小児麻酔の理解に役立てていただければ幸いです。

2018年9月吉日
三重大学名誉教授 宮部雅幸
宮城県立こども病院副院長 川名 信