書籍検索








ホーム > 麻酔科学(ペインクリニック) >麻酔・手術後の患者管理

麻酔・手術後の患者管理

澄川耕二
原 哲也  編

B5判・360頁
定価(本体9,200円+税)2016年3月
ISBN978-4-7719-0456-9

【書籍名】麻酔・手術後の患者管理
【品番コード】00456
購入数

術後管理に携わるあらゆる医師に必要な,術後管理の知識を網羅!

術後管理に共通する全身管理を横糸に,各科特異的な管理を縦糸に構成し,包括的な学習にも,リファレンスブックとしての活用にも最適です。

術後患者においては,共通する侵襲反応を背景に術式ごと患者ごとのリスク因子が存在し,それらをシステマティックに管理することが求められる。(『はじめに』より抜粋)

目次

I.術後管理の基本的事項

1.術後患者の生理学的特徴(澄川耕二)
  A 手術侵襲と生体反応
  B 術後患者の身体症状と生理機能
  C 過剰な侵襲反応
2.術後患者の全身状態把握(原 哲也)
  A 患者基本情報の把握
  B 麻酔効果残存の評価
  C バイタルサインの評価
  D 基本的なモニタリング
  E 回復室入退室基準
  F 集中治療室入退室基準
3.術後患者の予後予測因子(中村利秋)
  A 術後管理の重要性
  B 術後患者の予後
  C 周術期危険因子の予測と対策
  D 術後集中治療
  E 予後予測因子

II.術後患者の全身管理

1.術後回復強化の概念(槇田徹次)
  A Fast track
  B 術後回復強化(ERAS)
  C 目標指向型治療(GDT)
2.神経系の管理
  A 神経系モニタリング・検査(中村清哉,垣花 学)
  B 術後痛の病態と術後鎮痛法(比嘉達也,垣花 学)
  C 術後鎮静法(照屋孝二,垣花 学)
  D 神経系術後合併症(神里興太,西 啓亨,垣花 学)
3.呼吸器系の管理
  A 呼吸系モニタリング・検査(坪光長検っ歸朕弦澄
  B 酸素療法(坪光長検っ歸朕弦澄
  C 気道確保(坪光長検っ歸朕弦澄
  D 人工呼吸(坪光長検っ歸朕弦澄
  E 呼吸理学療法(坪光長検っ歸朕弦澄
  F 口腔ケア(坪光長検っ歸朕弦澄
  G 呼吸器系術後合併症(市場晋吾)
4.循環器系の管理
  A 循環系モニタリング・検査(今林 徹,垣花泰之)
  B 心血管作動薬(谷口淳一郎,垣花泰之)
  C 補助循環装置(政所祐太郎,安田智嗣,垣花泰之)
  D 緊急ペーシング(安田智嗣,垣花泰之)
  E 院内緊急コールとRRSにおける救命処置(福元幸志,垣花泰之)
  F 循環器系術後合併症
   a.高血圧/低血圧(前原光佑,垣花泰之)
   b.徐脈/頻脈/不整脈(柳元孝介,垣花泰之)
   c.心筋虚血(柳元孝介,垣花泰之)
   d.心不全・肺水腫(宮本昇太郎,垣花泰之)
   e.肺血栓塞栓症(伊藤隆史,垣花泰之)
   f.ショック(二木貴弘,垣花泰之)
5.消化器系の管理(松本聡治朗,松本周平,関野元裕)
  A 飲水,食事,内服の開始時期と方法
  B 消化管機能の評価と管理
  C 肝・膵機能の評価と管理
  D 術前より肝硬変を有する患者の術後管理
  E 消化器系術後合併症
6.腎機能の管理(日根野谷 一,片山 浩)
  A 腎機能モニタリング・検査
  B 術前より腎不全を有する患者の術後管理
  C 術前腎機能正常患者の術後管理
  D 血液浄化療法の適応
7.体液・代謝・内分泌系の管理
  A 体液バランスの評価(江木盛時)
  B 輸液療法(江木盛時)
  C 輸血療法(江木盛時)
  D 栄養(江木盛時)
  E 術後のホルモン補充療法(村田寛明)
  F 体液・代謝・内分泌系術後合併症(貝沼関志)
8.止血凝固系の管理(一ノ宮大雅)
  A 止血凝固能の評価
  B 止血凝固系術後合併症
  C 抗凝固療法中患者の管理
9.体温管理(一ノ宮大雅)
  A 発熱
  B 低体温
  C シバリング
10.術後感染の制御(中村利秋)
  A 手術部位感染
  B 手術部位以外の感染
  C 敗血症
11.ドレーン管理(槇田徹次)
  A 分類
  B ドレーン管理
  C 各論
12.術後リハビリテーション(神津 玲,花田匡利)
  A 術後リハビリテーションの目的と意義
  B 適応と開始時期
  C リハビリテーションの実際

III.各科手術特有の術後管理

1.心臓血管外科手術(山下智範,藤野裕士)
  A 総論
  B 各論
2.呼吸器外科手術(榎谷祐亮,藤野裕士)
  A 術前情報の取得
  B 術後管理総論
  C 術後管理各論
  D 重大な合併症
  E 特殊な病態に対する周術期管理
3.消化器(肝・胆・膵・消化管)外科手術(東島 潮,関野元裕)
  A 肝切除術の術後管理
  B 膵頭十二指腸切除術の術後管理
  C 食道切除術の術後管理
4.内分泌外科手術(御室総一郎,土井松幸)
  A 甲状腺機能亢進症
  B 褐色細胞腫
5.脳神経外科手術(小林賢輔,土井松幸)
  A 脳動脈瘤手術
  B 脳血管内手術
  C もやもや病手術
6.整形外科手術(御室総一郎,土井松幸)
  A 頸椎手術
  B 脊髄損傷患者に対する手術
7.泌尿器科手術(小林賢輔,土井松幸)
  A 泌尿器科手術全般に関して
  B 手術別の術後管理の問題点
8.産科・婦人科手術(橘 一也,竹内宗之)
  A 婦人科の麻酔・手術後管理
  B 帝王切開術の麻酔・手術後管理
  C 産科DIC
9.皮膚科・形成外科手術(吉富 修)
  A 熱傷デブリードマン・植皮術
  B 壊死性軟部組織感染症
10.眼科・耳鼻科・口腔外科手術(吉富 修)
  A 眼科手術
  B 耳鼻科
  C 口腔外科
11.日帰り手術(山岡祐子,土田英昭)
  A 日帰り手術対象患者の選択
  B 術中麻酔
  C 術後合併症対策
  D 帰宅基準
12.臓器移植手術(藤野裕士)
  A 共通事項
  B 腎移植術
  C 肺移植術
  D 肝移植術
  E 心移植術

IV.特殊な患者の術後管理

1.小 児(清水義之,竹内宗之)
  A 術後管理の観点から見た小児の特性
  B 呼吸管理
  C 循環管理
  D 鎮痛・鎮静
  E 感染管理
  F 体温管理
  G 消化管・栄養管理
2.高齢者(前川拓治)
  A 高齢者の術後管理の特徴
  B 高齢者特有の術後合併症
  C 鎮痛と鎮静
3.肥満患者(前川拓治)
  A 肥満患者の生理
  B 術後管理のポイント
4.長時間手術・麻酔後の患者(前川拓治)
  A 術後管理のポイント
5.神経筋疾患を有する患者(坂口嘉郎)
  A 重症筋無力症(MG)
  B 筋ジストロフィー
  C 脊髄損傷(早期/慢性期)患者
6.薬物療法中の患者(坂口嘉郎)
  A 抗凝固薬
  B 副腎皮質ステロイド
  C β遮断薬
  D スタチン
7.免疫不全(AIDS)患者(坂口嘉郎)
  A AIDSと抗HIV薬
  B AIDS患者の周術期リスクと術後管理
  C 医療従事者の感染予防と曝露対策

V.術後管理におけるチーム医療(山口典子)

 A 多職種連携のあり方
 B 術後管理のリーダーのあり方

その他のシリーズはこちら->

このページのtopに戻る